院長挨拶

患者様が、より良い日常生活を営まれるように
快適で質の高い透析医療を目指してまいります。

わたなべ湖西クリニックは、患者さまに快適に過ごしていただくことを念頭に、厳選した医療機器をはじめとする設備や施設の充実を実現し、常に治療の質の向上をはかりながら、地域の皆さまの「健康と幸せ」に貢献できる医療活動を行っていく所存です。

スタッフ一同、皆さまの信頼にお応えできるよう一生懸命努めてまいりますので、ご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願い申しあげます。

 

基本理念

医の理念を尊び患者さまの人権と意思を尊重、生きる喜びと希望を大切にする医療

一、社会の変化・医療の進歩に対応できるよう自ら研鑽に努めます。

一、患者様の人権を尊重し、良質で適切な看護の提供に努めます。

一、患者様が快適な療養生活が送れるよう、他職種と連携に努めます。

一、職員としての自覚をもち、役割の発揮に努めます。

 

各部署のご案内

経営企画部門

社会保障制度の抑制で病院大再編時代が到来した昨今「医療の価値」を向上させる視点が求められています。我々経営企画部門は
Value(医療の価値)=Quality(医療の質)/Cost(費用)
の考え方を院内に広めることで、皆様に安心して通院していただける医療提供体制を維持、存続してまいります。
患者様相談窓口/受付医療事務は
透析患者様、外来患者様との会話を大切にしています。体調や病気に関する事以外にも何でも話せるクリニックの窓口として笑顔で患者様をお迎えできるよう日々心掛けています。
また、毎日の業務において他部署との連携が円滑に行えるよう努力しています。

看護師部門

近年の日本はますます高齢化が進み、今後、労働人口と65歳以上の高齢者の比率が同率になるともいわれています。
そんな中、クリニックに通院しながら透析を受けようとされている患者さまのお力になるために。看護職としてどんなチカラが必要とされるのか・・・
きっとそれは『見えない患者さまの暮らしまで想像して、患者さまのわずかな変化にも目をこらし、異常の早期発見や看護の力で未然に防ぐ努力をして行くこと』ではないかと私たち看護職員は思っております。
患者さまが安心して暮らせるよう、地域の皆さまや他施設のご協力も賜りながら、そんな透析クリニックとしての役割を果たせれば・・・と思っております。
看護職員全員奮闘しておりますので、今後ともよろしくお願いいたします。

臨床工学技士部門

私たち臨床工学技士は、当クリニックで透析を受ける全ての患者さまにより良い治療を受けていただくために、医師・看護師・看護助手との連携を良好に保つことはもちろんのこと、患者さまとのコミュニケーションを大切にしています。その中で、患者さまに応じた医療・治療の提供に結びつけられるようサポートを行っています。
2017年よりOHDF対応コンソールを増台し透析治療の幅を広げ、またLDLやDFT治療にも力を入れております。
クリニックであるため、異常の早期発見に繋げるべくVA管理の一環としてシャント血流測定も日常業務に取り入れております。

管理栄養士部門

週に2回、管理栄養士が患者さまのベッドサイドにてそれぞれの患者さまの食生活や生活スタイルを細かに伺いながら、その方に合った食事の摂り方をアドバイスさせて頂いています。
また、写真付きの食品成分表や資料を用いて、具体的で分かりやすい説明を心掛けています。
日々の小さな疑問でも、お気軽にお問い合わせください。

看護助手部門

私たち看護助手は、積極的に外部の勉強会や資格取得に力を入れて、その情報を患者さまに資料を作成し掲示したり、日ごろの介助にも役立てています。
患者さまにより近い存在であると思うので、ノロウイルスなど院内感染の予防についても看護師と一緒に様々な対策を勉強し、必要な物品の用意や手法も習得しています。
待ち時間や食堂での食事時間に患者さまとコミュニケーションをとりながら、患者さまの心の声に耳を傾けて、知り得た情報をスタッフ全員で共有するため、看護助手としての考えを医療スタッフにも伝えるように努力しています。

 

お気軽にお問い合わせください。077-577-157710:00 - 17:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ